痛みの行動変容

こんにちは!!痛みのミカタ講師の玉田です。今日のテーマは『行動変容』についてです。

画像の説明
「リハビリテーションのための脳神経科学入門」
『痛みを直接的に治療するのではなく、痛みによって起こる動作障害の改善・克服、そして不安をあおる情報を整理・コントロールし、科学的かつ専門的な正確な知識に基づいた患者教育が重要である』

慢性痛へのアプローチには『行動変容』と『意識改革』が必要です。

行動が変われば意識が変わる。
意識が変われば行動が変わる。
そして生き方が変わる。

画像の説明

患者さんだけでなく、治療家も痛みのミカタが変われば意識が変わり、行動が変わり、そして結果が変わります!!僕がそうだったように。

a:186 t:1 y:0